クレジットカードを使うなら、スキミングに注意

クレジットカードを所有していて、自分が使った覚えのない金額の請求が来たら、誰だって驚くことでしょう。しかも、カードが自分のところにあればなおさらです。近年このような、クレジットカードの情報を盗み出して悪用する犯罪が多発しています。これが、スキミングです。


<被害は大きくなりやすい>

盗難の場合は、紛失に気付いた利用者がカード会社に連絡を入れるため、比較的早くクレジットカードの利用を停止することができます。しかし、スキミングの場合は手元にカードが残っているので、まさか自分のカードが悪用されているとはまず気付きません。月末になって、カード会社からの利用明細を見て、初めて被害に遭ったことに気が付くことになります。発覚までの時間が長いので、被害の金額も大きくなりやすい危険な犯罪です。


<使うときには注意を>

スキミングは、カードの情報を読み取る専用の端末が必要とされる犯罪です。ニュースでも報道されていましたが、買い物をしたお店でカード決済した際に情報を抜き取られたり、ATMに取り付けられた機械で情報を読み取られたりと、カードが目の前にある状態でスキミングされることがほとんどなのだとか。カードを使う際は、自分の目の前で犯罪が行われることもあるかもしれないと、日頃から注意が必要です。

Posted in クレジットカード. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.