クレジットカードのシステム

クレジットカードは、カード会社と会員、そして加盟店の三者によって成り立っています。カード会社は加盟店と会員から利益上げています。その関係が明確でないと、なぜ激安店などが「現金のみ」となっているのかなど、理解出来ないことも出てきます。


<クレジットカード会社と加盟店の関係>

加盟店は、自分のお店の商品やサービスをお客さんに買ってもらうとき、カードが利用出来るようにすることで、商売の幅が広がります。そこでカード会社と契約を行い、自分の店(もしくは事業所)でカードが使えるようにします。カード会社はその店舗もしくは事業所からの購買者がカードを使うことで、利息を得ます。また利用者からだけでなく、カードで支払いを受けた店舗もしくは事業所側も、カード会社から手数料を引かれた金額が口座に振り込まれます。カード会社は利用者側からの利息と、契約店舗(事業所)からの手数料で成り立っています。店舗や事業所は、月の締切日の利用分の入金を、1ヶ月や2ヶ月程度のちの月の支払い日に口座にカード会社から受けます。


<クレジットカード会社と会員の関係>

クレジットカードを持っている人は、発行している会社の「会員」ということになります。会員はクレジットカードのキャッシュレスや分割といった便利さを得て、カード会社はその分の利息を得ます。カード会社、会員、加盟店はそれぞれにギブアンドテイクの関係にあります。

Posted in クレジットカード. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.