クレジットカードのキャッシング機能を賢く使う

クレジットカードにはレストランの会計や店頭で商品を購入する際に利用する「ショッピング」機能の他に「キャッシング」と呼ばれる機能が付随した商品や付随する事ができる商品があります。


ショッピングとキャッシングの違い

会計時にカードを利用して支払いを行なうショッピングに対してキャッシングはATM等から現金を借り入れるサービスの事を指します。その為キャッシングはショッピングのように店頭での利用できませんが、現金を予め用意しておく事でショッピングが利用できない店での買物に対応させる事が出来る他、使わずに返すといった事も可能なのでいざという時の保険にもなります。ただショッピングは利用した時点で用途が決まっているのに対し、現金を借りるキャッシングは利用した時点では用途が不確定で何にでも使えてしまう為利用に制限があり、例えばクレジットカードが18歳から作れるのに対してキャッシング機能の付加は20歳以上からであったり利用できる額がショッピングより少なかったりします。


クレジットカードのキャッシング活用法

キャッシングは前述のようにいくら使うかはわからないけどお金がいるかもしれない、といった際の所持金にゆとりを持たせる使い方が可能です。また銀行のキャッシュカード等と異なりキャッシングには夜間や祝日でも手数料がかからないといった特性があります。その為キャッシングは利息こそ発生するものの余程大きな額を借りるのでなければ実は利息が手数料を上回ってしまう事は無いので普通にお金を下ろすよりお得なのです。ただキャッシングは日数経過で利息が膨らんでいく為極力借りたお金はすぐ返すよう心がけましょう。

Posted in クレジットカード. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.