クレジットカードと盗難保険

クレジットカードは便利な商品ですが持ち歩く際にはいくつか気をつけなくてはならない事があります。例えばクレジットあるいはクレジットが入った財布の盗難にあった場合、信販会社に問い合せて迅速にカードの利用を停止しなくてはなりません。何故ならクレジットカードの用途には暗証番号やサインが不要のものもあり、少しでも早く止めてしまわないとどのように悪用されるかわかりません。ただ万が一カードの停止が遅れて覚えのない支払いが発生した場合でも、盗難事故により発生した支払いは盗難保険が降りる事もあります。ただある条件を満たしていないと降りたはずの盗難保険も降りなくなるので注意が必要です。


クレジットカードの裏面サインが無い

クレジットカードが最初に送られてくる際にはまず裏面へサインを記入する事が指示されている事だと思います。ただこのサインは案外未記入でも店頭で無ければ普通に使えてしまう事もあり時々未記入のままという人もいます。しかしこのサインがクレジットカードに無かった場合概ね盗難保険は降りないと言われています。もしもの時を考えるとサインは必ず施すよう徹底しておいたほうがよいでしょう。


第三者に手渡していた場合

またクレジットカードは原則他者に貸したり他者が利用したりしてはいけないものですが、もしクレジットを貸した第三者がカードの紛失または盗難にあってしまった場合も盗難保険は降りないとされています。その為そんな人はいないとは思いますがカードの貸し借りは保険が降りないどころか人間関係すら壊しかねないので絶対他の人に貸したりしないようにしましょう。

Posted in クレジットカード. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.